パナソニック 脱毛器(光エステ) の口コミについて

 

パナソニック 脱毛器(光エステ) の口コミ・評判/特徴・おすすめ3つのポイント

パナソニック 脱毛器 の特徴1・Wランプでハイパワー!1回目から効果を実感

脱毛器光エステは、有名なパナソニックの開発した光美容器です。

パナソニックの「光エステ」は、脱毛に使用できるのはもちろん、IPL光の特性を生かした美容器(美肌ケア)にも使用できます。

光脱毛器としても、他にはない「ダブルランプ」を採用し、2本のランプによって照射パワーを底上げしつつ、ランプをあえて2本に分けることで刺激を抑えて痛みを軽減することに成功しています。

照射面積も広く、連続照射モードもあるため、他の脱毛器よりよりスピーディーに、ラクにムダ毛処理を進めていくことができるのです。

脱毛効果の方も、剃ったり抜いたりするよりきれいな仕上がりになります。

出力レベル5で1回使用しただけでも、2週間でムダ毛の目立ちにくいスベスベ肌になってきたことを実感するユーザーが続出しています。

 

パナソニック 脱毛器 の特徴2・コスパが良い。家族でシェアもOK

パナソニックの脱毛器光エステ(ES-WP97)は、単純な値段は他の脱毛器と比べて安いわけではありません。

しかし、

  • 「カートリッジ交換不要で扱いやすい」
  • 「ヘッド装着でほぼ全身を自己処理できること」
  • 「肌色センサーによるおすすめ出力検出」
  • 「光脱毛器と光美容器を兼ねている」
  • 「信頼できる大手企業の製品である」

・・・などなど、性能や信頼性の高さから、総合的なコスパであればむしろ良いです。

照射可能回数も出力レベル5で約30万回であり、ご家族と使用しても長持ちします。

男性のヒゲにも使用できるので、家族全員で脱毛・美肌処理をできます。

単純な値段の安さだけでなく、長期的に・家族全員で使用するならば、光エステの目に見えないコスパの良さは、より大きく感じられます。

 

パナソニック 脱毛器 の特徴3・2つのモードでどんなライフスタイルにも適したムダ毛ケアが可能

パナソニックの光エステ(ES-WP97)脱毛器は通常に加え、ハイパワー照射モードによってよりムダ毛の濃い場所にも効果を高めることができます。

それだけでなく、アタッチメント付け替えによるデリケートな部位への使用や、顔のみの処理も可能。

さらに肌色に応じて自動でおすすめの照射パワーを検出する機能も。

このようにパナソニックの光エステ脱毛器は、誰でも使いやすいシンプルな性能がありながら、顔やIラインなど、他の脱毛器では使用できない部位も自由自在にケアが可能です。

パナソニックの光エステがあれば、性別や年齢を問わず、どんなライフスタイルでも、それぞれに合ったカスタマイズでムダ毛ケアを行うことができるのです。

 

パナソニック 脱毛器(光エステ) の商品情報

定価 74,000円(税込)
パワー(段階) 5段階切り替え
照射面積 8.3cm²
照射回数 30万回
消費電力 約75W
冷却クーリング機能 ×
カートリッジ交換 ボディ用アタッチメント

フェイス用アタッチメント

ビキニ用アタッチメント

顔への使用
VIOへの使用 V、Iは可能。Oライン不可。
保証期間 購入日より1年間
本体サイズ・重量 高さ25.3×幅7.9×奥行5.6cm

重量:400g

カラー シルバー

※光エステ ES-WP97のスペックです。

 

パナソニック 脱毛器(光エステ) の脱毛効果に関する口コミ

パナソニック 脱毛器 の脱毛方式について/Wランプ方式

パナソニックの脱毛・美容器「光エステES-WP97」は、脱毛サロンでも人気のIPL脱毛方式を採用。

IPL脱毛は医療レーザーと同じ種類の光を使用しつつも、パワーや痛みを抑えているのが特徴になります。

これは毛の中のメラニン式を利用した光脱毛であり、日本人の黒い毛と相性が非常に良い脱毛方式です。

さらに、光エステの脱毛器の大きな特徴は「Wランプ」にあります。

光エステはハイパワー照射モードに代表されるかなりの高出力を実現しながら、このダブルランプ方式によって一度に肌にかかる負担を分散。

高出力でありながら、IPL脱毛にともなう痛みを、かなり軽減することに成功しています。

 

パナソニック 脱毛器 の照射パワーについて(1回目から効果を実感)

パナソニックの光エステ脱毛器は、性能向上やハイパワー照射モードの導入により、従来に比べて大幅に瞬間出力を高めています。

光脱毛器の出力は、肌の奥深くにIPL光が届くかどうかにダイレクトに関わるので重要な要素です。

光エステはそのハイパワーにより、1回の使用でも効果を実感することができます。

出力レベル5で1回使用後、2週間でムダ毛が目立ちにくく、スベスベ肌になってきたことを実感している人もいます。(メーカー調べ)

もちろん他の光脱毛器同様、1回の使用だけで十分な効果が得られるわけではありませんが、脱毛効果の実感が早いことは継続するうえで大きなモチベーションにもなりますね。

 

パワーの強弱の切り替えはできる?(5段階式)

パナソニックの光エステは、5段階のパワー調整が可能です。

さらに、光エステにはその部位の肌色を検出して「おすすめの」照射レベルを教えてくれる便利な機能もあります。

これにより、1段階ずつ照射レベルを試して自分に合うレベルを探って・・・という手間がかかりません。

さらに、あくまで「おすすめ」の出力なので、出力自体は手動で決めることができます。(照射できない肌色の場合のみは自動ストップしてくれるので安全性もしっかり確保されています。)

確かに、全自動で照射レベルも合わせてくれる光脱毛器もあり、便利なのは便利なのですが、もしその照射レベルが強すぎたり弱すぎた場合に微調整できないという問題点もあります。

このように、光エステでは「自動化するところは自動化しつつ、かつ実際に使用する人のことをしっかり考えられたパワー調整システムになっているのです。

 

どのレベルで使用しても30万発使用できる(コスパが良い)

光エステの寿命=ランプの照射可能回数は、約30万回(Wランプトータル発光回数:約60万回)となっており、光脱毛器としては平均的な寿命と言えるでしょう。

また、1回の最大連続使用可能回数は600回となっているので、1回の使用で全身脱毛する分には十分といえます。

基本的に脱毛は回数を重ねるごとに毛の生えるスピードも遅くなっていくので、使用頻度が減ることで本体寿命も結果的に伸びます。

ダブルランプの光エステ(ES-WP97)はカートリッジ交換こそできませんが、最大出力でも本体寿命には影響しないため、ある程度パワーを上げて使いまくっても大丈夫です。

また、故障の場合は修理も可能となっているため、必ずしも本体を買い替える必要はありません。

以上、光エステは家庭用脱毛器として十分な寿命があり、長く脱毛に使用できると言えます。

 

パナソニック 脱毛器 の刺激になりやすい波長調整でブロック

パナソニックの光エステは高出力ですが、そのぶん痛みが強くなったりしないか不安な方もいらっしゃると思います。

パナソニックの光エステ脱毛器には、痛み対策として特殊な遮光フィルターが付いています。

これは、照射時に肌の痛みや刺激につながりやすい波長の光だけを遮断し、脱毛に必要な光だけを通す仕組みになっています。

痛みを和らげるだけなら、出力を下げるだけでも構いません。

しかし、出力を下げると脱毛効果も下がってしまうのです。

そこで光エステは特殊フィルターにより、光脱毛自体の威力にはほとんど影響を与えないまま肌の痛みを軽減することに成功しています。

フルパワーで使用したとしても、他の高出力の光脱毛器に比べれば痛みが少ないです。

 

美肌ケア効果がある脱毛器

IPL光には、ある程度であれば肌を活性化させ、ツヤやハリをもたらすことが可能で、一部サロンでもそれを利用した脱毛&美肌サービスが行われています。

パナソニックの光エステ脱毛器も、毛穴の目立ちにくさだけでなく、肌のキメ・うるおい・なめらかさ・ハリ・スベスベ感などの美肌効果を期待できます。

また、光エステ脱毛器は美肌ケア専用の機能もあります。

たとえば光エステには付属品として「フェイス用アタッチメント」があり、このアタッチメントを「光エステ」本体に外付けすることで美顔器としての機能を強化。

本体フィルターとダブルで刺激をカットするので、デリケートな顔も優しくお手入れすることができるのです。

 

ランプを2本にわけて連続照射することでハイパワー&痛みの軽減

さらに、パナソニックの光エステ脱毛器にはもう一つ痛みを軽減するための仕組みがあります。

それが「ダブルランプ」という、光エステ独自の構造で、名前通り照射ランプを2つ分けて取り付けています。

光エステはダブルランプにすることにより、高出力なのはもちろん、1回の照射で2本のランプが連続発光することで、1回の照射でかかる肌への刺激を分散することに成功しています。

このように、光エステは光脱毛器として欠かせない「高出力」と、気になる「肌の痛みや刺激の軽減」を両立しているのです。

だから光エステは「肝心の脱毛効果は欲しいけど、かといって痛すぎるのははちょっと怖い・・・」という方でも安心して使用できる脱毛器となっています。

 

パナソニック 脱毛器 の8.3cm2のワイドな照射面

光脱毛器の中には、照射口の面積が小さすぎて、面積の広い部位(腕や脚、背中など)の処理が非常に面倒なものもあります。

また、照射面積が狭いということはそれだけ全身に照射するまでにかかる回数も増加するので、時間を食うだけでなく照射ランプの寿命にも悪影響を及ぼしかねません。

しかし、光エステは複数種類のアタッチメントがあり、そのうちボディ・Vゾーン用アタッチメントの照射口は、8.3 cm²とかなり広めです。

これにより、広範囲を一気にケアできますので時間もランプ照射回数も節約できます。

また、Iラインや顔専用の面積が小さめのアタッチメントも使用できるので、逆に細かい部位も丁寧に処理できます。

 

スピード照射モードは1分間に60ショット

家庭用脱毛器は、処理時間がどうしても長くなってしまいがちです。

そこでパナソニックの光エステ脱毛器は、少しでも処理時間が短くなるような工夫もいくつか導入されています。

その一つが「スピード照射モード」というものです。

これは、1分間に60ショットのスピード連射をすることができるもので、時間がかかるボディも、照射口をスライドさせていくだけでスピーディーにお手入れが可能です。

(通常モードの場合、出力レベル1の時で約1.6秒間隔で照射できます)

忙しくてなかなか脱毛処理ができない方や、お手入れの時間を減らして自分の時間を作りたい方にもしっかり配慮されているのです。

 

パナソニック 脱毛器 のボタンプッシュレス照射&スライド連続照射

上記のスピード連射モードをさらに活かす機能として、肌に押しあててすべらせるだけのボタンプッシュレス照射&スライド連続照射があります。

通常、家庭用脱毛器は照射のたびにボタンを一回一回押さなければいけませんが、「光エステ」の照射口を肌に水平に押しあてることで照射できる独自の機構を採用しています。

さらに、そのままスライドさせて、10回まで連続照射が可能。

いちいちボタンを押して照射する手間が省けるので、お手入れは楽ですし、スピーディーにムダ毛ケアができます。

また、仕組み上肌に密着させなければ光を照射しないので、間違って発光っせてしまったりすることも防げます。

使いやすさと安全性に配慮した仕組みが、日本メーカーならではの工夫ですね。

 

パナソニック 脱毛器 のカートリッジは部位に合わせて3タイプ

パナソニック光エステ脱毛器には、

  • ボディ・Vゾーン用アタッチメント
  • フェイス用アタッチメント
  • Iゾーン用アタッチメント

という、3種類のアタッチメントが付属。

ボディ・Vゾーン用アタッチメントは8.3 cm²の幅広い照射面積で、広範囲を一気に処理することに向いています。

フェイス用アタッチメントは小さめの照射口で、傾斜をつけることで鼻下や頬などの細かい部位にも当てやすいです。

さらに新しくIゾーン用アタッチメントも追加され、こちらはIゾーン処理に適した形状でより処理しやすくなっています。

以上のアタッチメントが最初から付属品としてついている光エステ脱毛器は、様々な部位を丁寧に、スムーズにムダ毛処理していくことができます。

 

パナソニック 脱毛器 の脱毛効果に関する口コミ1・1回使っただけでも効果を感じられた。今後が楽しみ。

脱毛器にはいろいろ興味があって調べていたんですが、ふとパナソニックの商品というのが目に留まってもろもろ総合して考えた結果、こちらにしました。

まだ1回使っただけですが、2回目に確認してみたらかなりわき毛の生え方がまばらになっているのが分かりました。

1回目でもこれだけ効果あるなら、続けて行けばどれだけ毛が減るか楽しみにできそうです。

毛の薄い腕や脚は、1回やると産毛もほぼ目立たないほどツルスベになります。

あとは伸びるスピードがどれだけ落ちているかもしっかり見ていきたいです。

肌が白いと照射レベルを上げないといけないようですが、やってみた感じ覚悟していた痛みはほとんどなく、痛いと聞いていたので安心。

今後の効果も期待できそうですし、続けられそうです。いい感じです。

 

パナソニック 脱毛器 の脱毛効果に関する口コミ2・脱毛サロンに通うのが難しい人に特に有用。外出中の家庭の心配をしなくていい

出産前は脱毛サロンなどで処理していたのですが、産後、ホルモンが働いてだいぶボーボーになってしまったのでまた通おうかと思ったのですが、子育て家事が忙しくてほぼ無理な状況。

そんな中でクリスマスに偶然お店で見かけ、旦那にプレゼントとしておねだりしたのがこれでした。

私みたいな育児や家事がある人にはほんとにおすすめです!

予約や施術時間を気にせず、家で子供の様子を見ながら使えるだけでもめちゃくちゃ便利です。

脱毛効果の方も、サロンより短い間隔でできるせいか全然劣らないと思いますし、この値段で何度もサロンみたいに綺麗に脱毛できるなら納得です。

ただし、妊娠中や授乳中は使ったらだめらしいので、そこだけ注意です。

私はある程度落ち着いてから使ったので問題ないはず。

 

パナソニック 脱毛器 の脱毛効果に関する口コミ3・ムダ毛にも肌にも効果を感じて満足。とても便利。

もともとムダ毛処理できればいいと思って信頼できるメーカーの光エステを買いました。

が、最近、ムダ毛だけじゃなく、肌の方もキメが細かくなり、つやが出てきているように感じます。

美顔クリームとかいろいろ試して効果なかったのでこの光エステの美肌効果とかも正直全然期待はしてませんでした(笑)

なので、思わぬ効果が出て自分でも驚きです。

肝心の脱毛効果の方も、永久ほどではないとは思いますが、明らか薄くなってきていますし、ちょっと自己処理しておくだけで、普通の距離からは永久脱毛とほぼ見分けつかないくらい綺麗にできますよ。

生える毛も細いし、ペースも下がってます。

使い方も簡単ですし、家でいつでもできるので一台あるだけでだいぶ便利です。

 

パナソニック 脱毛器 の痛みに関する口コミ1・医療クリニックに比べて全く痛くないので感動。処理がしやすい工夫がされていて親切。

ムダ毛が気になり始めてから脱毛には興味を持っていました。

前に、高校時代から医療脱毛に行っていた友達に「ぜひに」と誘われて体験に行ったのですが、痛みのあまり途中で吐きそうになってリタイア。

ほぼ諦めてたんですが、広告で見た光エステに興味を持って悩んだ末ぽちりました。

家に届いて早速使ってみると、一番心配だった痛みは全然なくて、最初のクリニック脱毛のインパクトが強すぎたこともあって「おお!?」って驚いてしまいました。

これならうちでも使える!と思って1年くらい継続中。

顔も痛くないし、普通に処理できて便利です。

顔は専用のアタッチメントを装着して使いますが、ヘッドの形が顔を処理しやすいようになっているのでとても親切だなと思いました。

 

パナソニック 脱毛器 の痛みに関する口コミ2・最大レベルだとさすがに熱く感じるが、我慢できないほどでもない。

他社の脱毛器もいくつか借りたりして試した経験から、覚えてる範囲で比較しますと、まず痛みが全然違います。

他のメーカーの光脱毛だと普通に痛みを感じるのですが、パナソニックのは本当に痛みが少ないですね。

効果の方は、どれも同じくらいの期間使って効果もほぼ変わらなかったので、痛みがない分パナソニックの光エステが優秀なんだと感じました。

痛がりなので、照射パワーを上げるやつはあんまり使ってません。

普段はレベル5まででやってますが、レベル5くらいになると少し熱く感じますが「我慢できない」「痛い」というほどじゃないので全然いけます。

効果は今の使い方でも不満はないですが、気が向いたら照射パワーをハイパワーモードにするのも試してみようかと思います。

 

パナソニック 脱毛器 の痛みに関する口コミ3・部位の濃さや肌色によっては痛みがあるものの、冷やせば問題ない。

肌が弱い私でも、パナソニックの光エステは特に問題なく使えてます。

部位によっては痛みが変わってきますし、毛の濃い部分や、照射レベルを上げざるを得ない肌の白い部分はどうしても痛みが強めです。

しかし、説明書で触れられていた、保冷剤などで肌を冷やす方法を使うと痛覚を麻痺させているためか、ほとんど痛みを感じなくなったので続けています。

今まで15回くらいはやってますが、冷やすのを忘れないようにしてるせいもありますが、赤くなるみたいなトラブルは起こったことはありません。

痛みが嫌な人や、肌が弱い人でも問題なく使える製品だと思います。

出力も毛の濃い部位は効率を上げたいので出力MAXでやってますが、さっき言ったように冷やせば問題ありませんでした。

 

パナソニック 脱毛器(光エステ) の料金に関する口コミ/パナソニック 脱毛器 の購入方法について

パナソニック 脱毛器 の購入方法は?Amazon、楽天などの通販で購入できます。

パナソニックの光脱毛器「光エステ」の定価は、74,000円(税込)です。

※ダブルランプ機能の最新機種・光エステ ES-WP97の値段です。同社のシェーバーや各機能を削った廉価版と混同しないように注意!

 

さすがにパナソニックの商品だけあって、Amazonや楽天などの通販はもちろん、全国の家電量販店でも多数取り扱われています。

値段は各通販サイトや各店舗の値段付けに左右されるため、はっきり「ここが最安値」と言える場所はありません。

公式サイトからの購入でキャンペーン・・・というものも特にないため、基本は通販やお近くのお店で、安く買える場所を探して購入することになります。

ただし、正規品以外はメーカー保証が受けられない場合もあるので、特に通販で買う場合は「正規品」「公式に認可を受けた代理販売」かどうかの記載があるものを購入しましょう。

 

パナソニック 脱毛器 の料金に関する口コミ1・親子で利用。2人でも長く使えるので、総合的に見れば値段あたりのコスパはいい

現在親子(娘)と愛用しています。

値段は7万円強なので、確かに高いと言えば高いです。

しかし、性能を比べると他の脱毛器では付いてたり付いてなかったりするような機能も光エステにはほぼ全部付いていますし、美顔器としても使えるので、この値段でそれを全部使えるならお得感はあります。

また、親子で使っていますし、二人でサロンへ行くと何十万、下手したら100万円近くかかるプランもありますので、それから比べるとだいぶコスパは良いですね(笑)

修理も最低限の費用で済みますし、サロンに通いなおしたり、器械を全部取っ変えたりする必要もなく長く愛用しています。

効果の方も、親子ともどもVライン以外はほとんどムダ毛処理がいらない体になり満足です。

総合的に見れば、コスパいい買い物だったと思っています。

 

パナソニック 脱毛器 の料金に関する口コミ2・予約のストレスから解放され、しかもサロンより安い

以前脱毛専門のエステサロンに通っていたのですが、高いお金を払ったのに予約が全然取れず、やっと次の施術ができるときは毎回ほぼ元通りのボーボー状態(泣笑

さすがにこれでは意味なさすぎると思って解約しました。

自宅でホームケアできる商品はないかとネットで色々探していたところ、よくわからない会社の脱毛器が多い中、パナソニックの製品で安心できそうなこちらを選びました。

実際使ってみたら、なぜエステにこだわってしまったのか自分で意味不明になるくらい世界が変わりました!

予約4か月先とかでイライラしなくていい!しかも安い!

時間も気にせずプライベート時間にじっくり処理できる!

もう感動です。

値段は他の脱毛器よりちょっと高いらしいですが、個人的には信頼できるメーカーで機能も多いパナソニック光エステは超オススメです!

 

パナソニック 脱毛器 の料金に関する口コミ3・アタッチメントを追加購入して夫婦で使い分けするとコスパも良い。1年たったが本体の稼働に問題なし。

うちは夫婦で本体を使いまわしてます。

使用するときはアタッチメントを装着するので、うちでやってるように、欲しい部位のアタッチメントだけ追加購入して片方を彼用にして名前書いておくとかしておけば使いまわしもアリです。

彼はヒゲを主にやっていますが、結構剛毛だったのが最近はちょっとずつですが薄くなってきてるのが分かります。

私は脇をやってますが、今の段階でだいぶツルツルになってきたし、黒ずみもなくなってきたような・・・!?

結構お高い商品ではあったので、二人で一緒に使うことを条件にお金を夫婦半々で出して購入しました。

稼働の方も今は問題なしですし、1年くらい使ってまだまだ使えそうなので、結果的に悪くない買い物だったと思います。

 

パナソニック 脱毛器(光エステ) の使い方

パナソニック 脱毛器 の使用頻度について/2週間に1回~3日に1回

光エステの使用頻度は、だいたい2週間に1回、短くても3日に1回となっています。

IPL脱毛は、毛周期に合わせて成長期の毛に照射しなければ効果がありません。

しかし、人の体には成長期の毛、休止期の毛、減退期の毛がばらばらに混在しており、一度の照射ではすべての毛根にダメージを与えることができなのです。

なので、「光エステ」1回照射した後はある程度の使用間隔を空けなければ意味がないことを覚えておきましょう。

頻度を上げたからと言って効果が上がるわけではないので、要注意です。

なお、照射回数を重ねると、次第にムダ毛が生えてくるスピードも下がってきます。

それに合わせて、照射間隔・使用頻度も長めに取るようにしていくと効率的ですし、ランプの照射可能回数の節約にもなります。

 

パナソニック 脱毛器 の使用可能な範囲について/わき、腕、足、手、ビキニゾーン、顔、胸

パナソニック光エステの使用可能範囲は以下の通りです。

アタッチメントごとに照射できる部位は決まっていますので注意してくださいね。

アタッチメント 照射可能部位
ボディ・Vゾーン用 ボディ・Vゾーン用 [脚、腕、ワキ、手、胸、V(ビキニ)ゾーン
フェイス用 顔(鼻下、頬、ヒゲなど)
Iゾーン用 Iゾーン

逆に照射できない範囲は以下の通りになります。

  • 粘膜部分・乳輪・腹部(女性のみ)・Oライン・ホクロなど他より色が濃い部分

ホクロや濃いシミなどは、IPLによってメラニン色素が反応してしまうので、保護シールなどを貼るか、避けて照射するようにしましょう。

また珍しいケースですが、タトゥーなどが入っている場合も照射できないので注意してください。

 

パナソニック 脱毛器 の使用時間について/両わきで2分間、両腕で4分間、両手で2分間、両足で7分間、両胸で4分間、顔で3分間、ビキニゾーンで2分間

パナソニック光エステ脱毛器の使用時間は、以下の表を参照に計算してください。

部位 所要時間目安
両脚
約130回照射
7分
両腕
約60回照射
4分
両ワキ
約20回照射
2分
両手
(指・手の甲)
約20回照射
2分

約60回照射
4分

約40回照射
3分
V(ビキニ)ゾーン
約30回照射
2分
Iゾーン
約20回照射
2分

以上は公式サイトの各部位ごとの脱毛所要時間目安です。

毛の濃さや使い方によっては個人差がありますが、だいたいの指標にしていただければ幸いです。

なお、照射しても赤みや痛みなどの問題が肌に起らない場合であれば、冷却クーリングは特に必須ではありません。

しかし、万全を期して冷却クーリングの作業も行うのであれば、光エステにはクーリング機能がないので自分で行う必要があります。

その場合、クールダウンの時間を取るので各部位の脱毛処理の所要時間はもう少しかかるものと考えてください。

 

パナソニック 脱毛器 の使用手順について/メイクを落とす→除毛する→電源を入れる→電源スイッチを長押し(3秒)

光エステ使用前に、まずやっておかなければならないことがいくつかあります。

  • ムダ毛の自己処理
  • メイクや水分を肌から落としておく
  • 冷却の準備(保冷剤や氷水袋など)

ムダ毛の自己処理は、前日までにシェーバーなどで肌を傷つけないよう注意しながら、短く剃っておきます。

毛を抜いたり溶かしたりするとIPL光の意味がなくなってしまうので注意です。

当日、まずは脱毛の妨げになるもの(メイクや水分)をしっかり落としましょう。

光エステに冷却機能はないので、照射後の冷却クーリング処理の準備もしておきます。

 

準備ができたらいよいよ「光エステ」を起動しましょう。

部位に応じたアタッチメントを装着し、電源を入れます。

電源を入れると「ピッ」という音が鳴り、肌検知ランプが点滅しますので、肌検知センサー(照射口)が肌に密着するように水平に押し当てましょう。

自分の肌色に適したおすすめレベルが表示されますので、レベル/モードスイッチを押して、調節します。

ただし、あくまで目安なので、強すぎる/弱すぎると感じる場合は任意で調整してかまいません。

 

パナソニック 脱毛器 の連射モードの使い方について/アタッチメントを肌に密着させ、発光するまで肌に垂直に押し当てる。

いよいよ照射ですが、光エステは照射ボタンというものが付いていません。

しかし、照射方法は簡単です。

アタッチメントの照射口を肌に密着させ、発光するまで肌に垂直に「押し当て」ます。(これがスイッチを兼ねています)

なので、1回1回照射ボタンを押す必要がないのです。

またしっかり押し当てなければ発光しないので、暴発してしまうことはありません。

照射後ピッと鳴ったら、次の照射ができます。

連続照射する場合は、アタッチメントを肌に押し当てたまま移動(スライド)させていきます。

連続照射モードは最大10連射まで可能ですので、これを活用すれば広い範囲の脱毛に便利です。

このように、パナソニックの光エステは、「照射部位に押し当てる」というシームレスかつ直感的な操作で照射ができるので、誰にでも扱いやすいです。

 

パナソニック 脱毛器 (光エステ) のよくある質問

パナソニック 脱毛器 (光エステ)どのような人におすすめですか?

パナソニックの光エステ脱毛器がお勧めできる方は以下の通りです。

  • サロンやクリニックに通えないけど脱毛には興味がある方
  • サロンやクリニックよりも安く脱毛がしたい方
  • 単純な値段だけでなく、性能含めたコスパを重視したい方
  • できるだけ使いやすい脱毛器を探している方
  • 脱毛効果と痛みの少なさを両立したい方
  • 広い照射口タイプ、コンパクトな照射口タイプを使い分けたい方
  • 信頼できるメーカーの脱毛器が欲しい方

他にも様々なメリットがありますが、以上を参考にしてください。

 

男性の髭にも有効ですか?

有効です。

パナソニック光エステは、男性でも使用できるように設計されています。

ハイパワー照射モードを使えば、比較的生命力が強い男性のヒゲなどにも効果が期待できます。

また、男性の濃い毛は痛みも感じやすい傾向がありますが、光エステは痛みを最小限に抑えてあります。

男性の髭はクリニックですら完全に脱毛するのは難しく時間がかかる部位ですが、継続することでヒゲが薄く、生えるペースも下がるので自己処理が楽になっていきます。

 

光エステには複数機種がありますが、違いを教えてください。(ES-WP97とES-WP87、ES-WH77)

現在光エステの最新機種は、ES-WP97とES-WP87、ES-WH77です。

本記事ではES-WP97を主にご紹介しましたが、ES-WP87はWP97からいくつか機能を削っている代わりに比較的安く買えます。(45,000~50,000円)

ES-WH77はWP97同様の使用可能範囲を持ちますが、ダブルランプではなく肌色センサー機能がありません。

しかし、小型軽量で消費電力も他2機種の75W に対し25Wと、消費電力が少なく、価格も非常に安いです。(24,000円~30,000円)

その他照射可能回数、レベル調整数、は3種どれも同等の性能を持ちます。

機種 特徴
ES-WP97
  • 高機能
  • ハイパワー照射モード・スピード照射モードに切り替え可能
  • Iゾーン可能
  • アタッチメント3種類
  • 肌検知センサー
  • ダブルランプ
  • 押し当てるだけで照射可能
ES-WP87
  • モード切替がないが、WP97より安く入手可能
  • Iゾーンには使用不可能(それ以外はWP97モデルと同様のほぼ全部位に使用可能です)
  • アタッチメント2種類(Iゾーン除く)
  • 肌検知センサー
  • ダブルランプ
  • 押し当てるだけで照射可能
ES-WH77
  • 上記2機種より小型軽量。消費電力は1/3
  • 値段はWP87よりさらに安い
  • 小型なので照射口は最大5.4cm²と小さめ
  • 照射可能範囲はIライン含み、WP97と同じ
  • モード切替機能なし
  • アタッチメント3種類
  • シングルランプ
  • 押し当てるだけで照射可能
  • 肌検知センサーがない

以上、各モデルとも長所・短所があるので好みで選びましょう。

 

全身に使用できますか?

使用可能範囲の項目でも詳しく述べた通り、ほぼ全身に使用可能ですが、粘膜部位や色が濃い部位への使用はできません。

粘膜部分、乳輪・腹部(女性のみ)・Oライン・ホクロなどへの使用はお控えください。

 

初めての使用なのですが、痛みを軽減する方法を教えてください。

痛みには個人差がありますが、初めて使用する際は特に痛みを感じやすい場合もあります。

そこで、最初は以下のポイントを参考に使用してみてください。

  1. 【最適な自己処理】毛の長さはワキ、ビキニライン1~2ミリメートル、アシ・ウデは3~5ミリメートル程度が最適です。毛が長すぎる場合は、脱毛器を使う3~5日前に安全カミソリやレディシェーバーなど、肌を傷つけない方法で処理してください。抜いたり溶かしたりする処理方法は避けましょう。
  2. 【最初は最小出力で】光エステは自動肌色センサーで最適な出力を教えてくれますが、最初は無理をせず照射レベル1から始め、慣らしながら使ってください。
  3. 【冷却をしっかり行う】照射前・照射後は、冷蔵庫で冷やしたタオル、または保冷剤などで冷やしましょう。痛みを軽減することができますし、照射後の肌の痛みや腫れを防ぐ効果もありますので、そういった症状が出る方は特におすすめです。

 

小学生でも使用できますか?

パナソニックの光エステについては、お子様への使用はお控えください。

子供でも、ホルモンバランスが安定して毛周期が発生していれば使えるケースもありますが、子供の頃は肌も薄くデリケートな時期なので、使用はあまりおすすめできません。

※ただし、会社によってお子様への使用に対する判断は様々です。あくまで「パナソニックは」安全性のため禁止しています。

 

支払い方法の種類を教えてください

パナソニックの光エステ脱毛器は、公式サイトでの販売ではなく、パナソニックから正式に仕入れをした全国の量販店や通販ショップで取り扱われる商品です。

なので、支払方法は各販売店の支払い方法を参照してください。

分割払いなどをしたいばあい、クレジット決済後の分割がおすすめです。

ただし、分割回数によっては手数料が大きく膨らんでしまうので注意してください。

 

保証について教えてください

光エステES-WP97の公式マニュアルによると、保証期間は1年です。

この間であれば無償での修理や交換が可能となっています。

また、保証期間を過ぎた場合もメーカー(パナソニックお客様ご相談センター)に連絡することで、有償になりますが、修理や交換に応じてもらえる可能性があります。

修理は無料で見積もりをしてもらえますので、見積もりを見てから実際に修理をしてもらうか判断することができます。

なお、中古品・不正品はこれらの保証が使用できない可能性がありますのでご注意ください。

 

パナソニック 脱毛器 (光エステ) の口コミ・評判のまとめ

有名なパナソニックの開発した脱毛器・光エステは、単純な値段の数字だけで言えば他の光脱毛器より高く見えるかもしれません。

しかし、美肌器としても使えること、3種類のカートリッジや連射機能、肌色センサーなど、「かゆいところに手が届く」使いやすさへの配慮は他の脱毛器にはなかなかありません。

特に脱毛効果に直結する照射パワーと痛みの少なさを両立るダブルランプは、他の光脱毛器にはない特徴といえます。

製造も有名なパナソニックであり、アフターサポートの面や信頼性の面でも文句はないです。

これだけの機能を備えているなら、むしろコストパフォーマンスの面でも他の脱毛器よりも優れていると見ることもできますね。

「どのみち高い家庭用脱毛器を買うなら、できるだけ良いものを」と考えている方は、ぜひパナソニックの「光エステ」美容器を検討してみてください。

最高品質の日本製脱毛器で、より楽に、安心してツルスベ肌を手に入れましょう。

 

>>脱毛サロン おすすめトップへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました